ジューシーバインミーについて

栄養士でもあるオーナーが東海エリア初のバインミー専門店として2014年名古屋にオープン。

《HISTORY 》
2014年:名古屋市北区大曽根、森下駅前にオープン
2019年7月末:森下駅前での営業を終了。
2019年10月:名古屋市東区矢田にて移転再開。
____________________
◆ 旅先のニューヨークで出会ったベトナムの味
今では世界中にバインミーのお店がたくさんありますが、私たちが旅に出たニューヨークにもベトナムからの移民の人たちがやっているバインミー屋さんがいくつもありました。ニューヨーク在住の友人のオススメ店で食べたボリュームたっぷりのバインミーに魅了されたのがジューシーバインミーのはじまりです。

◆ ベトナムで学んだ本場の味
ニューヨークでバインミーに出会った後、本場の味を確かめようとベトナムへ。本場のバインミーの味も研究しました。
当店の人気メニュー「レモングラスチキン」の味付けは、ベトナムのホーチミンで現地の方から直接学んだものです。

店内で毎日手作り
「自家製ベトナム式フランスパン」

私達が旅したベトナムホーチミンの道端でバインミーコン、バインミーコン♪という呼び声とともに自転車で登場する物売りのお姉さんから買ったバインミーコン。

※バインミーコン(コン=ベトナム語で“ゼロ”の意味)というのは具材がないパンの事です。単にバインミーと呼ぶ場合もあります。

焼いたばかりの出来立てバインミーコンは適度な水分を保ち、屋台のバインミー屋さんで食べる具材入りバインミーのパンとはまた違った味わいです。

2014年のオープン当初から、「いつか必ず自家製のパンを焼く」という目標をもってこれまで営業をしてきました。
2019年の移転もその為で、休業中や定休日もお店にこもっていたのはパンの研究や試作に明け暮れていたからです。

そして、2021年、やっと納得ができる自家製パンを焼くことができました。

本当に長い年月をかけてしまいました。

「もう、このパンでいいんじゃないか」と何度も言われましたが、目標とするものがあるからこその難しさ、そして目標を超えて、もっと美味しくしたいという願望が完成を遅らせたのだと思います。

当たり前ですが、道具・粉の選定から、捏ねや成形、そして焼成の温度や時間など、全ての正解は自分達が決めなくてはいけません。

私達はこれまでパンを焼いたことがありませんでしたが、試作を重ねた年月が私達をパン職人にさせてくれたと思っています。

今の段階ではバインミーのパンの特徴でもある歯切れの良さ、皮の厚みや軽さなど、ホーチミンで自転車のお姉さんから買ったバインミーコンに、自分達が感じる美味しさをプラスできたかなと思っています。

もちろん、これで満足せずにまだまだ進化していけたらと思っています。
手作りパンなのでカタチが不揃いな時もあると思いますが、きっちり計量し味も同じなので安心してください。

数年越しの自家製パン。
私達のパンで作った完全オリジナルのバインミーを是非味わってください。

日本ならではの特色を!!
「オリジナルのバインミー専用七味唐辛子を開発」

日本でも市民権を得てきているバインミーは、カレーライスのようにどんどん日本流に進化していくと思います。
その中で、当店は日本ならではの特色を出すことを常々考えてきました。
「バインミー専用の七味唐辛子を作ったら面白いのではないか」という思い付きもそのひとつです。

ジューシーバインミー × 八幡屋礒五郎 共同開発
「バインミー専用七味唐辛子」
当店と当店のネットショップでしか買えません!!

七味唐辛子の老舗「八幡屋磯五郎」の最高の素材を2014年に名古屋でオープンしたバインミー専門店「ジューシーバインミー」が、ベトナム人スタッフも交えて調合しました。

ラベルに日本語で「バインミー専用」、ベトナム語で「BOT CAY NHAT BAN(日本の辛い粉)」の文字が入り、ベトナムの方へのプレゼントにも喜ばれます。
七味唐辛子1本につき1枚の専用こぶくろ付き。

通常の七味より辛みが強く香り高いエスニックな七味は、バインミーの他に、フォー等の麺類、肉まん、唐揚げにも一振りでグレードアップした風味を愉しめます。

【原材料】
●唐辛子(バードアイ)→アジア圏でよく使われる小粒で辛味の強い唐辛子。通常の七味に使用される唐辛子の3倍の辛さ
●ブラックペッパー→清涼感のある香りと刺激的な辛さ
●オニオン→タマネギの旨さが凝縮された甘みと香ばしさ
●レモン→爽やかさが広がるフルーティな香りと酸味
●ガーリック→エスニック料理に欠かせない食欲を誘う旨味と辛味
●コリアンダー(パクチー)→柑橘類を思わせる甘くてまろやかな香り
●花椒→ベトナム料理でも使われる「五香粉」に配合される香辛料。強烈な痺れと華やかな香り
●陳皮→温州みかんの皮。甘みと苦味

PAGE TOP