ジューシーバインミーについて

栄養士でもあるオーナーが東海エリア初のバインミー専門店として2014年名古屋にオープン。

《HISTORY 》
2014年:名古屋市北区大曽根、森下駅前にオープン
2019年7月末:森下駅前での営業を終了。
2019年10月:名古屋市東区矢田にて移転再開。
____________________
◆ 旅先のニューヨークで出会ったベトナムの味
今では世界中にバインミーのお店がたくさんありますが、私たちが旅に出たニューヨークにもベトナムからの移民の人たちがやっているバインミー屋さんがいくつもありました。ニューヨーク在住の友人のオススメ店で食べたボリュームたっぷりのバインミーに魅了されたのがジューシーバインミーのはじまりです。

◆ ベトナムで学んだ本場の味
ニューヨークでバインミーに出会った後、本場の味を確かめようとベトナムへ。本場のバインミーの味も研究しました。
当店の人気メニュー「レモングラスチキン」の味付けは、ベトナムのホーチミンで現地の方から直接学んだものです。

日本ならではの特色を!!
「オリジナルのバインミー専用七味唐辛子を開発」

日本でも市民権を得てきているバインミーは、カレーライスのようにどんどん日本流に進化していくと思います。
その中で、当店は日本ならではの特色を出すことを常々考えてきました。
「バインミー専用の七味唐辛子を作ったら面白いのではないか」という思い付きもそのひとつです。

ジューシーバインミー × 八幡屋礒五郎 共同開発
「バインミー専用七味唐辛子」
当店と当店のネットショップでしか買えません!!

七味唐辛子の老舗「八幡屋磯五郎」の最高の素材を2014年に名古屋でオープンしたバインミー専門店「ジューシーバインミー」が、ベトナム人スタッフも交えて調合しました。

ラベルに日本語で「バインミー専用」、ベトナム語で「BOT CAY NHAT BAN(日本の辛い粉)」の文字が入り、ベトナムの方へのプレゼントにも喜ばれます。
七味唐辛子1本につき1枚の専用こぶくろ付き。

通常の七味より辛みが強く香り高いエスニックな七味は、バインミーの他に、フォー等の麺類、肉まん、唐揚げにも一振りでグレードアップした風味を愉しめます。

【原材料】
●唐辛子(バードアイ)→アジア圏でよく使われる小粒で辛味の強い唐辛子。通常の七味に使用される唐辛子の3倍の辛さ
●ブラックペッパー→清涼感のある香りと刺激的な辛さ
●オニオン→タマネギの旨さが凝縮された甘みと香ばしさ
●レモン→爽やかさが広がるフルーティな香りと酸味
●ガーリック→エスニック料理に欠かせない食欲を誘う旨味と辛味
●コリアンダー(パクチー)→柑橘類を思わせる甘くてまろやかな香り
●花椒→ベトナム料理でも使われる「五香粉」に配合される香辛料。強烈な痺れと華やかな香り
●陳皮→温州みかんの皮。甘みと苦味

PAGE TOP